MENU


MENU



MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU



MENU


MENU


MENU


MENU










MENU



あすき 公式サイト


ハンディネットワーク インターナショナル公式サイト






ゲストは、こひつじクリニック院長の小松邦志さんである。哲朗社長の新事業「グットタイム トラベル」の記事をヤフーニュースでご覧になり、その理念に共感され、哲朗社長に会いに行かれたことがご縁の始まりとのこと。素晴らしい行動力である。

さて最近、私の周りでは結婚式よりもお葬式の方が多くなってきてしまった気がする。近い人が逝ってしまう・・・本当に悲しいことである。その一方、自分は残りの人生を後悔しないように生きよう・・・と心の底から思う。様々な出来事も、100%の確率ではなかなか起こらないが、「死」だけは100%の確率で訪れる。だからこそ「死ぬときに後悔をしない生き方」を、本気で考えなければならないのかもしれない。

私たちはこれまでに何度も「死」ということを真剣に考えるチャンスがあったはずである。ただ、人間は忘れてしまうことができる便利な生き物。いつどこで「死」を迎えるかわからない。一度皆様もメモをとりながら、深く考えてみてはどうだろう、「死」というものを。そうすれば今この瞬間、何をしないといけないのか?何をしないと後悔してしまうのか?必ず見えてくる。今回のラジオをとおして得た「気づき」を、無駄にしたくはない。



   

今回のゲストはこひつじクリニックの小松先生だ。小松先生は弊社のグッドタイム トラベルに協力していただいている。小松先生はクリニックを運営しながら、旅行がしたくてもできない患者様へ看護師を派遣したり先生自らが同行される事業もされている。僕は初めて先生の取り組みを聞いたとき「ドクターでもこの様な活動をされている方がいらっしゃるのか」と正直驚いた。
僕が先生に協力を依頼するときには、お客様のお身体を診察していただき、今抱えている病気や症状を一つずつ診ていただく。一般的にご高齢かつご病気があれば、それをリスクと考えるが、我々はそういう判断をしない。それぞれの病気、症状が旅行中に重大なリスクとなり得るのかという視点で確認する。例えば、胃ろうや尿道カテーテルを使用されていたとして、飛行機内での気圧の変化に耐えられるかなどを判断していく。結果によっては、交通手段を変更したり、同行する看護師と適切な情報を共有することで、安心して旅行を楽しんでいただくことができる。もちろん重大なリスクがあると判断した場合は、その内容をご本人ご家族に説明しご旅行を断念していただくこともある。

多くのご高齢の方やご家族は不安を覚えると旅行を諦める傾向にある。単純に諦めるのではなく適切な情報をお伝えすることで諦める必要がないこともある。
“あきらめていた「家族旅行」を、もう一度。”
ご高齢の方の身体と心を支え、ご家族の心も支える、そんな事業にしていきたいと考えている。







     

          

 

 



※ 1月3日(火)は年始の為、お休みとさせていただきます。




株式会社あすき 代表取締役 会長

1973年3月8日 東京都生まれ。
大学卒業後、ミズノ株式会社にて営業・販促部門に従事。その後、オリックス・リビング株式会社にて有料老人ホームの開発及び営業・運営の責任者を歴任。
2008年、「アイシーズ株式会社」を設立、代表取締役に就任する。
2012年、ハンディネットワーク インターナショナル代表取締役 春山満氏との共著「若者よ、だまされるな!」を出版。
株式会社サンリ代表取締役会長 西田文郎氏が開発したJADA(日本能力開発分析)協会認定SBT1級コーチ。
また個性心理學研究所所長 弦本将裕氏を師事し、個性心理學講師の資格を持つ。



株式会社ハンディネットワーク インターナショナル
代表取締役

春山 満の長男として1985年に生まれる。 高校を卒業後、ハワイの大学へ留学。その後アメリカ ネバダ州のUniversity of Nevada, Las Vegasへ編入。 2007年10月、春山 満からビジネスを学ぶため、株式会社ハンディネットワーク インターナショナルへ入社。 2012年7月、同社 取締役に就任。
2014年3月、代表取締役に就任。 2014年4月、春山哲朗のレギュラー番組、MBSラジオ「失くしたものを数えるな!大丈夫や〜!!」がスタート。 著書に「脳から血〜でるほど考えろ!!」(週刊住宅新聞社)、「若者よ、だまされるな!」(週刊住宅新聞社)がある。



24歳より進行性筋ジストロフィーを発症。首から下の運動機能を全廃。1991年ハンディネットワーク インターナショナル設立。幅広いネットワークと体験を通した独自の視点と着眼で、オリジナル商品の開発や大手医療法人・企業等のコンサルティングなど幅広く活躍。2003年、米国ビジネスウィーク誌にて『アジアの星』25人に選出。
2005年、オリックス不動産(株)と共同出資で、高齢者住宅運営会社オリックス・リビング(株)を設立。2008年、ハワイシニアライフ協会名誉理事就任。自身がパーソナリティを務めたMBSラジオ「若者よ、だまされるな!」は日本民間放送連盟賞 近畿地区 ラジオ教養部門 最優秀賞を受賞。2014年2月23日、進行性筋ジストロフィーによる呼吸不全のため60歳で死去。