インドネシアのタブー・常識・マナー17選

インドネシアのタブー・常識・マナー17選

インドネシアでの知っておくべきマナーやタブーを17項目にわたり紹介します。インドネシアの約90%の人々はイスラム教徒であり、宗教的な習慣や文化を理解することが重要です。

1. 豚肉とアルコール

イスラム教では豚肉とアルコールが禁止されています。外食時には配慮が必要です。

2. 左手の使用

左手は不浄とされているため、握手や物の受け渡しには右手を使用しましょう。

3. 握手はすこし長めに

インドネシアでは握手の習慣があり、少し長めに手を握ることが好まれます。

4. 男性から女性に握手は求めない(初対面)

初対面の女性には男性から握手を求めないようにします。女性が手を差し出した場合のみ応じましょう。

5. 人前で怒らない

インドネシアでは人前で怒ることは避け、穏やかな態度を心掛けましょう。

6. 腰に手をあてる

腰に手をあてることは威圧的と見なされるため、控えましょう。

7. 公衆の面前で過度なスキンシップを控える

公共の場での過度なスキンシップは控え、節度を守りましょう。

8.「どこ行くの?」「もう食べた?」は挨拶の一種

「どこ行くの?」や「もう食べた?」は日常的な挨拶として使われます。

9. 器を持ち上げて食べない

インドネシアでは器を持ち上げずに食べることがマナーです。

10. 頭は触らない

頭は神聖な部位とされており、触らないように注意しましょう。

11. 誕生日はおごる側

インドネシアでは誕生日の人がおごる習慣があります。

12. 宗教行事を大切に

インドネシアでは宗教行事や祝日を尊重し、従業員には特別な配慮が必要です。

13. 上下関係が異常に厳しい

インドネシアでは上下関係が厳しく、目上の人には特に礼儀を守ることが求められます。

14. 割り勘文化

支払いは割り勘が一般的です。

15. 香水のプレゼントはダメ

香水は「別れ」を連想させるため、プレゼントとしては避けましょう。

16. 犬との付き合い方

犬は不浄なものとされるため、犬を飼う際には注意が必要です。

17. 男女で同じ部屋に2人きりにならない

男女が2人きりで部屋にいることは避けるべきです。

インドネシアで気を付けるべきその他のポイント

靴の扱い

インドネシアでは靴を脱ぐことが多く、特に家に入るときや一部の公共施設では必須です。家の中に入る際は、靴を玄関で脱ぎ、整理整頓しておくのが礼儀です。また、靴の裏を人に向けるのは失礼とされているため、座るときにも注意しましょう。

寺院でのマナー

寺院や宗教施設を訪れる際は、適切な服装を心掛けます。露出の少ない服装を選び、特に女性はスカーフなどで肩を覆うことが求められる場合があります。入場時には靴を脱ぐ必要があり、静かに礼儀正しく行動することが大切です。

交通ルールと渋滞

インドネシアの都市部では交通渋滞が頻発します。移動時間には余裕を持ち、公共交通機関を利用する際は、混雑に備えましょう。また、バイクが一般的な交通手段であり、歩行者はバイクや車に対して注意を払う必要があります。

商談やビジネスマナー

ビジネスシーンでは、時間を守ることが重要ですが、インドネシアでは多少の遅刻は許容されることもあります。会議の前には名刺交換を行い、名刺を受け取った際にはすぐにしまわず、丁寧に扱いましょう。また、会話の中で相手の意見を尊重し、直接的な否定は避けることが好まれます。

贈り物の文化

贈り物をする際には、包装にも気を配ります。赤色の包装紙は避け、明るい色や金色の包装が一般的です。また、刃物やハンカチは不吉なものとされているため、贈り物としては適していません。贈り物を渡す際には、両手で丁寧に手渡すことが重要です。

言葉の使い方

インドネシアでは、丁寧な言葉遣いが重視されます。特に目上の人や初対面の人に対しては、敬語を使うことが基本です。また、インドネシア語を少しでも使うことで、現地の人々とのコミュニケーションがスムーズになり、親近感を持ってもらえるでしょう。