特定技能「介護」の外国人の夜勤について

日本の介護業界における人手不足解消の一環として、特定技能「介護」で雇用された外国人介護士の夜勤について解説します。外国人介護士は日本人と同様に夜勤が可能であり、訪問介護にも従事できる予定です。そのメリットと課題を探ります。

外国人も一人夜勤が可能

特定技能「介護」で雇用された外国人介護職員は、夜勤を含む日本人スタッフと同様の勤務が可能です。技能実習生が夜勤に従事する場合は、日本人職員と共に行うことが条件ですが、特定技能では単独での夜勤も許可されています。

訪問介護の従事も可能に

2025年度より、特定技能外国人も訪問介護サービスに従事できるようになる予定です。これまで訪問介護は介護福祉士やEPA介護福祉候補者に限られていましたが、今後は特定技能の外国人も対象となります。


外国人介護士の業務内容

特定技能「介護」で外国人が従事できる業務は、主に身体介護と支援業務です。具体的には、入浴、食事、排せつの介助、レクリエーションの実施や機能訓練の補助などが含まれます。訪問系サービスも今後追加予定です。


採用のメリット

採用人数が多い

特定技能「介護」で採用可能な外国人の数は多く、日本政府は今後5年間で13万5000人の受け入れを見込んでいます。これにより、人手不足が深刻な介護業界での即戦力として期待されます。

一定の日本語力と介護知識を持つ人材

特定技能「介護」を取得するには日本語能力試験N4レベル、介護日本語評価試験、介護技能評価試験に合格する必要があります。そのため、採用される外国人はある程度の日本語力と介護知識を持っています。

長期の勤務が期待できる

特定技能「介護」で採用された外国人介護職員は、最長5年間日本で働くことが可能です。日本人の介護職員と比べて離職率が低いため、安定した労働力を確保できます。


外国人介護士の採用プロセス

採用までのステップ

  1. 施設と外国人双方の要件確認
  2. 登録支援機関の選定
  3. 雇用条件・給与の設定
  4. 求人募集の開始
  5. ビザ申請
  6. 入社手続き

各ステップで注意すべき点は、施設が外国人を受け入れるための要件を満たすこと、外国人が必要な試験に合格していること、支援業務を登録支援機関に委託することなどです。

特定技能「介護」の外国人の教育とサポート

日本語教育の重要性

特定技能「介護」の外国人介護職員には、日本語能力試験N4レベル以上の日本語力が求められます。現場でのコミュニケーションを円滑にするためには、日常会話だけでなく、介護に特化した用語や表現の習得も重要です。採用後も継続的な日本語教育を行うことで、外国人職員がよりスムーズに業務を遂行できるようサポートします。

文化理解と適応の支援

異なる文化背景を持つ外国人職員が日本の介護現場に適応するためには、文化理解の支援が不可欠です。文化の違いを理解し、お互いに尊重することで、職場の一体感が生まれ、外国人職員の働きやすさも向上します。例えば、食事や休憩時間の過ごし方、宗教的な配慮など、細かな点にも注意を払いましょう。


外国人介護士のキャリアパス

介護福祉士資格の取得支援

特定技能「介護」で働く外国人職員が、将来的に介護福祉士の資格を取得することを目指すことができます。介護福祉士資格を取得することで、より高度な介護業務に従事することが可能となり、キャリアアップの道が開かれます。施設側は、資格取得を支援するための研修プログラムや学習機会を提供することが求められます。

長期的なキャリア形成

特定技能の在留期間は最長5年ですが、その後も介護福祉士資格を取得すれば、さらなる在留延長が可能です。これにより、外国人職員は長期的に日本で働き続けることができ、施設にとっても貴重な人材を継続的に確保できるメリットがあります。


外国人介護士の生活支援

住居の提供と生活環境の整備

外国人職員が安心して生活できるように、住居の提供や生活環境の整備も重要です。適切な住居を提供することで、職場への通勤が便利になり、仕事の効率も向上します。また、生活に必要な情報提供やサポートを行うことで、異国での生活に不安を感じることなく業務に専念できるよう支援します。

地域社会との交流促進

地域社会との交流を促進することで、外国人職員が地域に溶け込みやすくなります。地域イベントやボランティア活動に参加することで、地元住民との交流が深まり、社会的なサポートネットワークも広がります。これにより、外国人職員の生活の質が向上し、長期的な定着につながります。

外国人介護士の研修と継続教育

初期研修の重要性

外国人介護士が現場に適応するための初期研修は非常に重要です。具体的な業務内容や日本の介護基準についての理解を深めるために、現場での実地研修やシミュレーションを通じて、実践的なスキルを身につけます。また、異文化理解のセミナーを開催し、日本の社会や文化、職場のルールについても学びます。

継続教育プログラム

採用後も継続的な教育が必要です。最新の介護技術や知識を習得するための研修や、定期的なスキルアップ講座を開催することで、外国人介護士の能力向上を図ります。また、日本語能力の向上を目的とした日本語教室を定期的に実施し、職場でのコミュニケーションを円滑にするためのサポートも行います。


外国人介護士と日本人スタッフの協力体制

チームワークの重要性

外国人介護士と日本人スタッフの円滑な協力体制を構築するためには、チームワークが欠かせません。定期的なミーティングや情報共有の場を設けることで、相互のコミュニケーションを促進し、お互いの役割を理解し合うことが大切です。

多文化共生の実現

多文化共生の職場を目指すために、外国人介護士と日本人スタッフが共に学び合う環境を整えます。異なる文化背景を持つスタッフ同士が互いに尊重し合い、協力し合うことで、より良い介護サービスの提供が可能となります。職場内での文化交流イベントや勉強会を通じて、多文化理解を深めることが重要です。


外国人介護士のメンタルヘルスケア

心の健康を守るための支援

外国人介護士が安心して働ける環境を整えるためには、メンタルヘルスケアも重要です。異国での生活や仕事のストレスを軽減するために、定期的なカウンセリングやメンタルヘルス研修を実施します。職場内に相談窓口を設け、いつでも相談できる体制を整えることが求められます。

ストレスマネジメントの導入

ストレスマネジメントの技術を学ぶことで、外国人介護士が自己管理を行いやすくなります。リラクゼーション法や時間管理の技術を教えることで、仕事の効率を上げながらストレスを軽減する方法を提供します。また、職場全体でストレスフリーな環境作りに取り組むことも重要です。


法的サポートと労働環境の整備

労働法の遵守

外国人介護士の労働環境を整えるためには、日本の労働法を厳守することが不可欠です。適正な労働時間や給与、福利厚生の提供を徹底することで、安心して働ける環境を提供します。また、労働条件に関するトラブルが発生した場合には、迅速かつ適切に対応するためのサポート体制を整備します。

相談窓口の設置

外国人介護士が労働環境や生活に関する悩みを相談できる窓口を設置します。多言語対応の相談員を配置し、いつでも気軽に相談できる体制を整えることで、安心して働くことができる環境を提供します。また、相談内容に応じた適切なアドバイスや支援を行うことが重要です。

まとめ

特定技能「介護」により外国人介護士が日本の介護現場で夜勤を含む多様な業務に従事できるようになり、人手不足解消に大きく寄与しています。日本語力や介護知識を備えた外国人介護士は、即戦力として期待されるだけでなく、訪問介護サービスにも従事できるようになる予定です。採用と定着のためには、継続的な教育や文化理解のサポートが不可欠です。今後も多文化共生の職場環境を整え、外国人介護士が安心して働ける環境作りが重要となります。