介護分野における特定技能外国人の夜勤

介護分野における特定技能外国人の夜勤

介護分野で特定技能外国人が「一人夜勤」可能である点について詳しく解説します。厚生労働省は特定技能を持つ外国人が日本人と同等に就労できるとしています。

特定技能外国人が従事できる業務

特定技能外国人は以下の業務に従事できます:

  • 身体介護:食事、入浴、排せつ、移動などのサポート
  • 支援業務:レクリエーション、リハビリの補助、服薬介助

特定技能で就業可能な施設形態

特定技能外国人が働ける主な施設は次の通りです:

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  • 介護付き有料老人ホーム
  • 通所介護(デイサービス)
  • 病院
  • 障害者支援施設

ただし、訪問系サービスには従事できない点に注意が必要です。

特定技能外国人の雇用のメリット

  1. 常勤介護職員の総数まで採用可能: 常勤社員の総数まで特定技能外国人を雇用できるため、人材確保が容易です。
  2. 即戦力としての配置: 特定技能外国人は配置後すぐに人員配置基準に算入できるため、即戦力として活躍できます。
  3. 新設施設への配属: 開所まもない施設にも配属できるため、新規事業所の人材確保にも有効です。
  4. 雇用上の制限が少ない: 技能実習と比較して雇用上の制限が少なく、報告業務も簡便です。

特定技能外国人の採用手続きとサポート

雇用手続きの流れ

特定技能外国人の採用には以下の手順を踏む必要があります。

  1. 求人票の作成:雇用条件を明確に記載した求人票を作成します。
  2. 応募者の選定:面接や試験を通じて、適切な候補者を選びます。
  3. 雇用契約の締結:労働条件を明記した契約を締結します。
  4. 在留資格の申請:在留資格認定証明書の交付申請を行います。
  5. 入国手続き:在留資格認定証明書を持って、入国管理局で手続きを行います。

採用後のサポート

特定技能外国人が日本で円滑に働くためのサポートも重要です。

  1. 日本語教育:日本語能力向上のための教育を提供します。
  2. 生活支援:住居の確保や生活に必要な情報提供を行います。
  3. 職場環境の整備:文化の違いを理解し、働きやすい環境を整えます。

特定技能外国人の課題と対策

課題

  1. 言語の壁:日本語能力が不十分な場合、コミュニケーションに支障をきたすことがあります。
  2. 文化の違い:文化の違いから来る誤解や摩擦が生じる可能性があります。

対策

  1. 日本語教育の強化:特定技能外国人向けの日本語教育を強化し、職場でのコミュニケーションを円滑にします。
  2. 文化理解の促進:文化の違いを理解し、受け入れるための研修を実施します。

特定技能外国人の将来展望

特定技能外国人は介護現場の重要な人材として期待されています。今後も多様な支援体制を整え、外国人労働者が働きやすい環境を提供することが求められます。日本の高齢化社会において、彼らの役割はますます重要となり、介護分野での活躍が期待されています。