介護の現場ではなぜ人間関係が悪くなってしまうのか。その原因と対策とは。

介護現場での人間関係の問題は深刻で、多くの職員が退職理由として挙げています。この記事では、その原因と具体的な対策について見ていきます。

 介護の現場で人間関係が悪化する原因

1. 介護という仕事の特性

   介護職は利用者の命や生活に直接関わる仕事であるため、ストレスが高まりやすくなります。

2. 職種による価値観の相違

   介護現場には介護職以外に看護師や生活相談員などそれぞれ違った立場で様々な職種の人が働いています。専門領域や価値観の違いから意見が対立することがあります。

3. 幅広い世代が働く職場であること

   幅広い年齢層が働くため、世代間の価値観の違いが摩擦を生むことがあります。

施設側が行うべき具体的対策

1. 職員のコミュニケーション促進

   ・定期的なミーティングの開催

     全職員が参加できるミーティングを定期的に開催し、意見交換や情報共有の場を設け、課題を早期に共有し、解決策を協力して考える機会を提供します。

   ・現場の声を吸い上げる仕組みを作り実施する

     職員が匿名で意見や悩みを投稿できるしくみを作ったり、定期的にアンケートを実施することで、現場の声を収集して改善に活かします。

 2.リーダーの育成

リーダーは公平・公正な態度で職員と接し、信頼関係を築きながら、職員の悩みや問題に迅速に対応し、解決に向けてサポートしなければなりません。このような役割を果たせるようリーダーの育成は非常に重要です。

3.職場環境の整備

   ・働きやすい環境づくり

     清潔で安全な職場環境を整え、ストレスを軽減します。職員用の休憩スペースを充実させ、リラックスできる環境を提供します。

   ・シフト管理の改善

     無理のないシフト体制を構築し、過労を防止します。職員の事情を反映した柔軟なシフト調整を行う必要がありますが、一部の職員に負担が偏るようなシフトは離職を招く原因となります。

 4.職員のキャリアパス支援

   職員が自分の今後の目標やキャリアに不安を持つと疲弊が生じ、職場の人間関係悪化にもつながるためキャリアアップの支援が求められます。キャリアパスを明確にし、目標設定と達成に向けた具体的なプランに提供が必要です。目標達成に必要なスキルや経験を積むための機会を提供し、成長をサポートすることで職員が納得感をもって仕事に取り組めるようにすることが重要です。

まとめ

介護現場の人間関係の問題は、様々な要因によって引き起こされますが、適切な対策を講じることで改善が可能です。施設側は、コミュニケーションの促進やリーダーシップの強化、職場環境の整備、職員のキャリアパス支援に取り組むなど、これらの対策を通じて、職員が安心して働ける環境を作り上げることで、利用者へのサービスの質も向上します。今後も継続的な改善を目指し、職員全員で協力してより良い職場にしていける環境づくりが重要です。