特定技能「介護」の受け入れ人数や業務内容とは?他の在留資格との比較

はじめに

外国人労働者の受け入れが進む中、特に介護分野での特定技能ビザが注目されています。本記事では、特定技能「介護」の概要、受け入れ可能人数、業務内容について説明し、他の在留資格との比較を行います。

特定技能「介護」とは

特定技能ビザは2018年に設けられた新しい在留資格で、特に介護分野で多くの外国人労働者を受け入れています。特定技能「介護」では、一定の専門性・技能を持つ外国人が対象です。2024年には特定技能での外国人労働者の訪問介護従事が可能となる見込みです。

受け入れ可能人数

特定技能「介護」では、介護施設ごとに受け入れ人数の上限が設定されています。受け入れ人数は日本人等の常勤介護職員の総数が上限となります。

受け入れ可能な業務内容

特定技能「介護」で受け入れた外国人は、介護業務全般に従事できます。具体的には、日常生活の支援や身体介護、介護記録の作成、介護業務の計画立案などが含まれます。

他の在留資格との比較

  1. EPA介護福祉士候補者:
    • メリット: 専門知識があり、一定の日本語能力を持つ。
    • デメリット: 募集国が限定され、母数が少ない。
  2. 在留資格「介護」(介護ビザ):
    • メリット: 即戦力となる人材を採用でき、訪問介護にも対応可能。
    • デメリット: 介護福祉士試験合格者が少ない。
  3. 技能実習生:
    • メリット: 数が多く、実習後の特定技能への移行が可能。
    • デメリット: 実習や試験が多く、管理が煩雑。
  4. 特定技能:
    • メリット: 人材が豊富で比較的確保しやすく、業務内容の制限が少ない。
    • デメリット: 介護福祉士試験に合格しなければ5年で帰国しなければならない。

特定技能「介護」の試験概要

特定技能「介護」を取得するには、日本語能力試験、介護日本語能力試験、介護技能試験の合格が必要です。技能実習からの移行者はこれらの試験が免除されます。

特定技能をおすすめする理由

  1. 人材の確保が容易: 特定技能は母数が多く、短期間で増加しています。
  2. 一定の日本語力と知識: 特定技能を取得するには日本語力と介護知識が必要で、採用する際のリスクが少ないです。
  3. コストが抑えられる: 特定技能は技能実習と比較してコストが低く、長期的な雇用が見込めます。

特定技能「介護」の受け入れに関する課題と対策

課題1: 言語の壁

外国人介護職員が直面する最大の課題は言語の壁です。特に介護の現場では、利用者とのコミュニケーションが重要です。日本語の理解度が低いと、誤解やミスが発生するリスクが高まります。

対策:

  • 日本語教育の強化: 入国前から日本語教育を行い、入国後も継続的にサポートを提供します。
  • 職場内でのサポート: 日本語が得意な職員をメンターとして配置し、日常業務でのサポートを行います。

課題2: 文化の違い

文化的な違いが原因で、職場や利用者との間に誤解が生じることがあります。宗教的な習慣や食事の好みなど、外国人特有の文化を理解し尊重することが必要です。

対策:

  • 文化理解の促進: 事前に研修を実施し、外国人職員の文化や習慣を学びます。
  • 柔軟な対応: 職場環境を整備し、宗教的な休暇や食事の配慮など、個々のニーズに応じた柔軟な対応を行います。

課題3: 法的手続きと労働条件

特定技能「介護」の制度を利用するためには、煩雑な法的手続きが必要です。また、労働条件が不明確だと、トラブルの原因となります。

対策:

  • 専門的なサポート: 法的手続きを支援する専門機関を活用し、迅速かつ正確な手続きを行います。
  • 明確な労働条件の提示: 契約書や就業規則を多言語化し、労働条件を明確に提示します。

課題4: 社会的受け入れ

外国人介護職員が地域社会に溶け込むためには、地域住民の理解と協力が欠かせません。地域社会との摩擦を避けるためにも、積極的な交流が必要です。

対策:

  • 地域との交流イベント: 地域住民との交流イベントを開催し、相互理解を深めます。
  • 啓発活動: 外国人介護職員の重要性を啓発し、地域社会の理解を促進します。

課題5: 職場環境の整備

外国人職員が働きやすい職場環境を整えることは、定着率の向上に繋がります。職場内でのハラスメントや差別を防ぐための取り組みも重要です。

対策:

  • ハラスメント防止策の導入: ハラスメントや差別を防ぐためのガイドラインを設け、従業員全員に周知します。
  • 定期的なフォローアップ: 定期的に面談を実施し、外国人職員の悩みや問題を把握し、早期に対処します。

結論

特定技能「介護」の受け入れには様々な課題が伴いますが、適切な対策を講じることで、これらの課題を克服することが可能です。外国人介護職員が安心して働ける環境を整え、彼らの能力を最大限に引き出すことで、介護業界全体の発展に寄与することが期待されます。