介護分野の特定技能外国人の増加とその価値

2021年以降、介護分野における特定技能外国人の受け入れが急増しています。この増加の背景には特定技能ビザの特徴と多くのメリットがあります。

特定技能ビザの特徴

特定技能ビザは労働のための在留資格で、EPA介護福祉士や技能実習ビザと異なり、柔軟な雇用が可能です。特定技能は、日本国内での在住者も雇用可能で、受け入れ対象の範囲が広がっています。

介護分野における主力

介護分野での外国人雇用は、2021年10月末時点で技能実習生が約1万247人、特定技能が約4,029人と急増しています。特定技能の増加は特に顕著で、試験合格者数も2022年3月末時点で18,159人に達し、今後も増加が期待されています。

メリット

  1. 多くの応募者が集まりやすい: 試験の合格者が増えており、採用候補者が豊富です。
  2. 日本生活の経験と日本語力: 国内在住者は日本語力や生活経験があり、現場のコミュニケーションが円滑です。
  3. 採用期間が短い: 国内在住者の採用であれば、海外からの採用よりも迅速に進行できます。

コロナ禍の影響

コロナ禍では、採用側の視点が「海外現地採用」から「国内在住外国人」にシフトしました。国内在住の外国人材は日本語力や生活経験を持ち、採用のハードルが低いため、元留学生や元技能実習生の特定技能への移行が増加しています。

支援計画の重要性

特定技能外国人を受け入れる企業には支援計画の履行が義務化されています。登録支援機関に支援業務を外部委託することで、企業の負担を軽減し、現場でのスキル教育に集中できます。

日本人職員の理解

外国人職員の定着には、日本人職員の理解とコミュニケーションが重要です。事前に日本人職員側が外国人職員とのコミュニケーション方法を理解することで、外国人職員の活躍を促進できます。

どの在留資格を選択するか

特定技能には多くのメリットがありますが、有資格者や経験者を求める場合は在留資格「介護」の取得者を狙う選択肢もあります。また、採用人数や条件によっては、技能実習や海外現地採用を選択することも一つの手段です。

特定技能外国人の受け入れに向けた企業の準備

1. 効果的なコミュニケーションの確立

外国人職員と日本人職員の間で円滑なコミュニケーションを確立することが重要です。日本語能力の向上だけでなく、文化の違いを理解することで、お互いの信頼関係を築くことができます。

2. 外国人職員の教育と支援

特定技能外国人の定着を促進するためには、定期的な研修やメンタリング制度を導入することが有効です。これにより、業務スキルの向上とともに職場への適応がスムーズに進みます。

3. 職場環境の整備

外国人職員が働きやすい環境を整えることが大切です。例えば、宗教的な配慮や生活習慣に対応した職場のルールを策定することで、職場全体の一体感が高まります。

地域社会との連携

1. 地域コミュニティの理解

外国人職員が地域社会に溶け込むためには、地域コミュニティとの連携が必要です。地域イベントへの参加やボランティア活動を通じて、地域住民との交流を深めることができます。

2. 行政機関のサポート

地方自治体や行政機関が提供するサポートを活用することで、外国人職員の生活支援や法的手続きが円滑に進みます。これにより、企業の負担も軽減されます。

将来の展望と課題

1. 持続可能な受け入れ体制の構築

外国人労働者の受け入れを持続可能にするためには、受け入れ企業が長期的な視点で人材育成や職場環境の改善を行うことが求められます。また、法的な枠組みや支援制度の整備も重要です。

2. グローバルな視点での人材活用

介護分野に限らず、他の産業分野でも外国人労働者の活用が進んでいます。グローバルな視点での人材活用を推進することで、日本全体の労働力不足の解消や国際競争力の強化につながります。