MENU


MENU



MENU MENU MENU MENU MENU MENU MENU



MENU


MENU


MENU


MENU










MENU



あすき 公式サイト


ハンディネットワーク インターナショナル公式サイト






300回記念放送!本当におめでとうございます。さて、今回は公開放送。春山 満の過去の放送を振り返っているが、その中で「生きるということは死に向かっている」という話をしている。今、私がコラムを書いているこの瞬間も、確実に死に向かっていっている。これが現実である。

私は死ぬということを常に意識している。理由は簡単である。師である、春山 満の死が、いまだに強烈なトリガーとなっているからである。この人は永遠に死なないのではないか・・?と本気で思えるぐらい、強烈な師匠だった。それがある日突然亡くなったとの知らせ・・。いまだにあの瞬間は信じられなかった・・。そして「明日、私も死ぬかもしれない」と思ったことをよく覚えている。

だから私は、迷惑をお掛けしない程度に(笑)日々勝手気ままに生きている。それはそうですよね。いずれ必ずみんな死を迎えるわけですから。そうはいっても、なかなか実感できる人は少ないかもしれない。だから、「生かされているあいだに今を楽しむ!」このようなスタイルが大切ではないかと思っている。このコラムを読んだその時から、今日一日を必死で生きてみませんか?



   

父 春山 満がこのラジオ番組を始めた当初、誰も300回の放送を迎えるなんて思っていなかった。そして何人の人が300回記念のイベントに息子のこの僕が立っていると想像しただろうか。僕ですらそんな想像はしていなかった。
改めて思うが運命って本当に面白い。父が亡くなった後、番組を継続していなければこんな経験をすることさえなかった。「継続は力なり」と言葉では簡単に表現できるが、実際やってみると継続の難しさに僕は鍛えられたかもしれない。ただ単純に継続することは誰にでもできるが、そこに新しい「自分らしさ」を入れることに勇気がいる。そしてその評価はきっちりと数字で表れた。当然ながら父の時の聴取率よりも落ちた。しかしそこから少しずつ上がり父には敵わなかったが曜日単独トップの聴取率となった。数字だけが全てではないが、ビジネスマンである以上この数字は大きなモチベーションとなる。

新しく始めるということはどこかで必ず終わりはくる。終わりがあるということは、また何か新しいことを始められるということでもある。300回記念を迎えリスナーの皆様と交流し決断したことがある。ここで一度番組を終わろうという決断だ。後日の発表となったが300回継続したからこそできた決断なのかもしれない。







     

          

 

 







株式会社あすき 代表取締役 会長

1973年3月8日 東京都生まれ。
大学卒業後、ミズノ株式会社にて営業・販促部門に従事。その後、オリックス・リビング株式会社にて有料老人ホームの開発及び営業・運営の責任者を歴任。
2008年、「アイシーズ株式会社」を設立、代表取締役に就任する。
2012年、ハンディネットワーク インターナショナル代表取締役 春山満氏との共著「若者よ、だまされるな!」を出版。
株式会社サンリ代表取締役会長 西田文郎氏が開発したJADA(日本能力開発分析)協会認定SBT1級コーチ。
また個性心理學研究所所長 弦本将裕氏を師事し、個性心理學講師の資格を持つ。



株式会社ハンディネットワーク インターナショナル
代表取締役

春山 満の長男として1985年に生まれる。 高校を卒業後、ハワイの大学へ留学。その後アメリカ ネバダ州のUniversity of Nevada, Las Vegasへ編入。 2007年10月、春山 満からビジネスを学ぶため、株式会社ハンディネットワーク インターナショナルへ入社。 2012年7月、同社 取締役に就任。
2014年3月、代表取締役に就任。 2014年4月、春山哲朗のレギュラー番組、MBSラジオ「失くしたものを数えるな!大丈夫や〜!!」がスタート。 著書に「脳から血〜でるほど考えろ!!」(週刊住宅新聞社)、「若者よ、だまされるな!」(週刊住宅新聞社)がある。



24歳より進行性筋ジストロフィーを発症。首から下の運動機能を全廃。1991年ハンディネットワーク インターナショナル設立。幅広いネットワークと体験を通した独自の視点と着眼で、オリジナル商品の開発や大手医療法人・企業等のコンサルティングなど幅広く活躍。2003年、米国ビジネスウィーク誌にて『アジアの星』25人に選出。
2005年、オリックス不動産(株)と共同出資で、高齢者住宅運営会社オリックス・リビング(株)を設立。2008年、ハワイシニアライフ協会名誉理事就任。自身がパーソナリティを務めたMBSラジオ「若者よ、だまされるな!」は日本民間放送連盟賞 近畿地区 ラジオ教養部門 最優秀賞を受賞。2014年2月23日、進行性筋ジストロフィーによる呼吸不全のため60歳で死去。